iPhoneお役立ち情報

【修理屋さんのマメ知識】iPhoneが水没してしまった時のやること6ステップ!これを守れiPhoneを救えるかも(⌒∇⌒)それでもだめなら…☎06-6421-1705 まで!

 

iPhoneはとてもとても便利なものなので、どこにでも連れて行ってあげたくなります。しかし、雨の日、プール、海、お風呂、キッチン、トイレなどの水場は、iPhoneを水没させてしまう危険がとても高いことbがお分かりだと思います。

水没したiPhone、スマートクールでも良く取り扱いますが、復活できている確率はいまのところ50%くらいです。とても確率が低いのですが実はこれ、お持ち込みいただくまでのお客様の誤った取り扱いによって確率が下がってしまっていることもあるのです。

今回は、水没してしまったときにいったい何をすればいいのかをお伝えしたいと思います。

 

STEP① iPhoneを速やかに取り出します!

慌てずに水から取り出す、もしくは水場から離します!

 

STEP② 電源を切る!

これがとても重要です。メールもSNSもひとまず放っておきます。必ず!電源を切ります。この時点ですでに電源が落ちてしまっている場合は、絶対に起動しないでください。電源をオフにしておく期間は「iPhoneが完全に乾くまで」が鉄則ですので、水没度合いによりますが、内部に水が浸入している場合は数日間に及ぶこともあります。

 

STEP③ 水分をふき取る!

本体の水分をふき取ります。この時、内部に侵入した水をこれ以上広げてしまわないように、本体をなるべく揺らさないように気を付けて行いましょう。スマートクールにお持ち込みいただく場合も、ここまでのステップをきっちり守っておいていただきたいです。

 

STEP④ SIMカードを取りはずします!

iPhoneを買うと必ずついてくるSIMピンや、クリップなどをつかってSIMカードを外しておきます。外したSIMカードにも水がついていると思うので綺麗にふいて、無くさないように保管しておきます。

 

STEP⑤ 乾くのを祈りながら待ちます。

あとは数日間、乾燥させて待ちます。iPhoneの中に水が入ってしまった場合は乾燥にとても時間がかかるので、粘り強く待ちましょう。乾燥剤(湿気取りなど)と一緒に袋に入れておくのも有効です。
メール、Twitter、Facebook、Instagram、いろいろやりたいですが、ここで電源を入れてしまったがゆえに再起不能となってしまう端末のなんと多いことか!

 

STEP⑥ 電源を入れてみる。

これまでのステップを踏んでも電源がはいらない、画面がつかない場合はかなりの確率で再起が難しい濡れ方をしているということですが、どうしても諦めきれない場合はスマートクールに持ち込みお願い致します。

 

おわりに

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

水没したときの対応法、ご理解いただけましたでしょうか。ただやはり水没はしない方が良いので、防水性の高いケースにいれたり、水気のあるところを避けたり、お客様それぞれの工夫が必要になります。なにかお困りのことがあればスマートクールまでお気軽にご相談くださいませ。

 

 

iPhoneが壊れた?→修理メニューはこちら

どうやって行くの?→アクセスはこちら!

話題のガラスコーティングはこちら!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

スマートクールつかしん店

〒661-0001

尼崎市塚口本町4丁目8-1ひがしまち南館2F 

☎ 06-6421-1705

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

気軽にお問い合わせ下さい

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。